教育理念

コンピュータ理工学科は,以下の能力を有する情報処理技術者・科学者を育成します.

1. 次世代の高度情報化社会の中核として活躍できる学士力を備えた人材

今後に予想される情報科学技術の急速な発展にも対応できる堅固な基礎学力を持ち、 さらに高度情報化社会の発展に積極的に貢献できる幅広い応用能力とエンジニアリングデザイン能力を持った人材を育成します.

2.

多様な情報処理技術を身に付けた人材

  • プログラミング,ソフトウェアとハードウェア,ネットワーク,データベース,オペレーティングシステム,システム開発等の基盤情報処理技術を修得した人材を育成します.
  • ソフトウェア工学,ユーザインタフェース,コンピュータグラフィックス,自然言語処理,人工知能,感性情報工学,数値計算,組込みシステム等の より進んだ情報処理技術を修得した人材を育成します.

以上の教育理念を実現するために,本学科では充実したスタッフ,設備,教育カリキュラムを具備しています.

スタッフ
最先端の情報科学技術に精通した専門家を揃えています.さらに,スタッフの中には企業勤務経験者もおり,修得した情報処理技術を用いる観点からの教育も行っています.
設備
学科専用の最新型コンピュータシステムを備えており,本学科の学生はいつでも利用することができるようになっています.
KKI clients
教育カリキュラム
世界標準カリキュラム(ACM/7EEE Computer Science Curriculum  2008)に準拠した科目群を開設して,基礎的な知識を修得できるようにしています.
それに加えて,修得した知識を使って実際にモノづくりを行うPBL (Project Based Learning:プロジェクト体験による学習)科目群を開設しており,エンジニアリングデザイン能力や実践的な知識とスキルが修得できるようにしています.
また種々の次世代の情報科学とコンピュータ技術に関する科目群も開設しており,最先端の知識も修得できるようになっています.

 学習・教育目標
A. 物事を地球的視野から多面的に考えた上で,行動する素養を身につける.
B. 自らの活動が自然や社会,人に与える影響を理解するとともに,責任を持って問題解決にあたる倫理観を身につける.
C. 情報処理技術者として,数学や自然科学等の知識を用いて,解決すべき問題を形式化するための手法を修得する.
D. 情報科学技術や各種のツールや手法に関する知識,それらを情報システムの開発運用に応用できる能力を修得する.
E. 自然科学や情報科学技術に関する知識を組み合わせて,複数の解が存在するような複雑な問題の中から適切な解を見つけ出すデザイン能力を修得する.
F. 他者に正しく理解してもらうための論理的な文書での記述力,口頭での発表力,そしてそれらを円滑に実現するためのコミュニケーション能力を修得する.
G. 時代の変化に対応できるよう,最新の技術動向を考慮して,自律的・継続的に学習する能力を身につける.
H. 要求,時間,費用,資源等の制約条件を考慮した上で,適切なシステムを開発するために必要なエンジニアリングデザイン能力を修得する.
I. チームの一員としてシステム開発に参画し,貢献するために必要な基礎的素養や基礎的スキルを身につける.


山梨大学工学部コンピュータ理工学科
〒400-8511 甲府市武田4-3-11 TEL 055-220-8482(学科事務室)
mail : cs_toiawase-tr@yamanashi.ac.jp

Copyright(C) UNIVERSITY OF YAMANASHI. All rights reserved.